ズデナにを使うとどのような副作用が出てしまうのでしょうか?

ズデナの副作用は?

ズデナはED治療薬の中でも、アジア人の体質に合わせて開発されている為、副作用が出にくいことが特徴です。しかし体調や体質など様々な理由で副作用が出ることがあります。

ズデナを服用することによる主な副作用は、頭痛、顔のほてり、目の充血、鼻づまり、動悸、消化不良などです。

これらの症状は、そこまで強いものではないので、特に心配することはありません。しかし、副作用が長く続いたり、強いと感じた場合、すぐに医師に相談しましょう。

また、ほとんどの人は心配いりませんが、まれに副作用で非動脈炎性前部虚血性神経症や持続勃起症などの症状をひきおこすことがありますので、自身の体質や持病、服用方法や併用薬などをしっかりと調べるなど、注意が必要です。

出てきやすい副作用

ズデナの副作用で主なものは頭痛、顔のほてり、目の充血、鼻づまり、消化不良などです。

ズデナの主成分であるウデナフィルには血管拡張作用があり、血流をよくすることで陰茎の勃起を促し、ED治療に役立てられています。そしてこの血管拡張作用がこれらの副作用を引き起こす原因になっています。

しかし、どれも軽い症状なので、特に心配することなく「今は薬の効果が出ているんだ。」と、薬の効果を実感するものとして考える方も多いようです。

出てきやすい副作用

ズデナの副作用で主なものは頭痛、顔のほてり、目の充血、鼻づまり、消化不良などです。

ズデナの主成分であるウデナフィルには血管拡張作用があり、血流をよくすることで陰茎の勃起を促し、ED治療に役立てられています。そしてこの血管拡張作用がこれらの副作用を引き起こす原因になっています。

しかし、どれも軽い症状なので、特に心配することなく「今は薬の効果が出ているんだ。」と、薬の効果を実感するものとして考える方も多いようです。

頭痛

ズデナは全身の血管が拡張するので、脳の血管も拡張されます。そうすると、脳の三叉神経が刺激され、炎症を起こし、片頭痛を引き起こします。

血管が拡張されることで引き起こされるので、運動や入浴など、血管をひろげるようなことは、服用直前・直後は避けるようにするとよいでしょう。

血管を収縮する作用のあるコーヒーなどを飲むと、少し痛みが和らぐようですが、摂りすぎると効果が薄れてしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、痛みが続いたり、ひどい場合は、使用を中止して医師に相談しましょう。

顔のほてり

副作用というほどではありませんが、ズデナを服用すると、特に激しい運動をしたり、お酒を飲んだわけでもないのに、顔が熱くほてることがあります。

主成分のウデナフィルによるもので血管を拡張し、血流を促すので、体温が上昇し顔がほてることがあります。こちらも特に気にする必要はありませんし、そのほてりのおかげで薬が効いていると実感する人も多いようです。

どうしても気になるという方は、ピルカッターなどでズデナをカットし、ズデナの量を減らしてみるといいでしょう。

目の充血

血管拡張作用により、目が充血することがあります。それが原因で視力低下になったりすることはないので、特に気にする必要はありませんが、見た目的に気になる方や、相手から見られたときに心配されることがあり、気にする方も多いようです。

目の充血は、目の中の血管を縮めることで治まるので、冷えた濡れタオルなどで冷やすといいでしょう。

また、服用により、目が見えにくくなったり、急な視力低下、強い痛みなどを感じた場合は専門医に相談してください。

鼻づまり

ズデナにより鼻水や鼻づまりを引き起こすことがあります。これはズデナ服用による血管拡張作用により、鼻腔内の粘膜が腫れ、それにより、空気の通り道をふさいでしまうため引き起こされるものです。

症状が風邪に似ている為、風邪と勘違いして風邪薬を飲んでしまう方もいるようですがズデナの服用による副作用なので、ズデナの効果の持続時間が切れてしまえば自然と収まります。その為、特に風邪薬などは服用はしないほうがいいでしょう。

消化不良

ズデナを服用すると、消化器官に影響が出ることがあります。胸やけ、消化不良、消化不良による胃痛、吐き気、下痢など、症状は様々ですが、副作用が強いと感じる場合は錠剤を半分にして服用するとよいでしょう。

また、市販の胃薬と一緒に飲むこともおすすめです。このような消化器官への副作用のほとんどは、ズデナを服用した直後に起こるのではなく、行為後か、服用した翌日に出る副作用なので、行為後に就寝前に服用してもいいでしょう。

稀に起こる副作用

ズデナによる副作用はほとんど起こらないか、起こったとしても軽いもので、ズデナの持続時間が切れればおさまるものなので、特に心配する必要はありません。しかし、ごくまれに、体質や体調、服用方法や持病などにより、重篤な副作用を引き起こしてしまうことがあります。

次の症状で、服用時に少しでも似た症状があれば、すぐに使用をやめ専門医に相談しましょう。また、自身の服用している薬や体質についても事前にしっかりと知っておくことが大切です。

非動脈炎性前部虚血性神経症

「非動脈炎性前部虚血性神経症」と聞くと、難しい病名のように感じてしまいますが、簡単に言うと視力が急に低下したり、視野が欠損してしまう、視覚の病です。

ほとんどの方はおこることはありませんが、起こる人の特徴としてあげられるのは、高齢者だったり、高血圧、糖尿病、高コレステロールなどの生活習慣病を抱えている人、ヘビースモーカーで一日に吸うたばこの量が多い人などです。

健康状態や生活習慣に問題がない方は、特に問題ないでしょう。

持続勃起症

持続勃起症とは、文字通り陰茎が硬くなり勃起状態から長い間元に戻らない、あるいは戻りにくくなってしまう症状です。ズデナが効きすぎてしまう人に、まれに起こる症状です。

この症状が出てしまうと、外出もできなくなるどころか、部屋から出られない状態になってしまいますね。また、勃起しすぎて強い痛みを伴ってしまうこともあります。

ズデナ服用後、勃起が4時間以上続き治まらない場合、すぐに病院に行き、診察を受けましょう。