ズデナの効果を引き出す正しい飲み方を教えます。また、併用禁忌薬があるのでこちらについてもご説明をします。

ズデナの飲み方

ズデナに限らず正しい服用をしなければ、効果を得ることができません。クリニックなどで処方してもらった場合は医師に直接、服用方法を説明してもらえますが、自身で通販で購入した場合、説明書きが外国語になっていて読めない場合がほとんどです。

その際に、適当に服用してしまい、「いざ服用してみると全く効果を感じられなかった。」「偽物ではないのか?」と、感じてしまうかもしれません。

せっかく期待して服用したのに、満足に効果が得られないともったいないですよね。そうならない為にも、大まかな飲み方を紹介していきたいと思います。

まず第一に、服用のタイミングです。ズデナは服用から30~60分程で効果が発揮される為、行為の30~60分前には服用するといいでしょう。

また、ズデナは他のED治療薬と違い、食事の影響を受けにくいのが特徴ですが、高い効果を求めるのであればやはり空腹状態の方が効果的といわれています。

食後は避けて、食事後、少し時間を置くか、行為後に食事をとるのが望ましいでしょう。揚げ物などの油分をとりすぎてしまうのも、効果を弱めてしまう原因となるので、食事はなるべく油分の多いものは避け、また、食事の量もいつもより少なめにするとよいでしょう。

アルコールは大丈夫?

ズデナはアルコールの影響を受けにくいですが、できるだけ少しだけ飲む程度にするほうがよいでしょう。

血管拡張作用により、血流がよくなり、いつもよりお酒の廻りが速くなってしまう恐れがあります。特に、お酒が元々弱い方は危険なことがあります。

また、飲みすぎてしまうと、ズデナの効果を阻害してしまう恐れもあります。

十分なズデナの効果を望むのであれば、服用する際はアルコールは避けるのが一番望ましいですが、どうしてもという時には、いつもより少なめに飲むのがベストです。

1日に飲んで良い量は?

ズデナの1日に飲んでいい最大量は、1日1回1錠(200mg)です。これはバイアグラだと100mgに値する量です。この量は必ず守ってください。勝手に量を増やしたり、何回も服用してしまうと、重い副作用や思わぬ健康被害を招く原因になります。

また、ズデナを服用するのがはじめての方は、最初はピルカッターなどでカットして、半分から試してみることもお勧めです。

たった半分でも、十分に効果を感じることができるようですし、副作用などが心配なら、半分から試すのが安心でしょう。もし足りないと感じたら、次から1錠飲めばいいわけです。

また、1錠服用した際に、副作用が強かった方も、減薬して半錠にして飲んでみるといいでしょう。

ズデナを使ったら24時間は飲まないこと

1度ズデナを服用したら、服用から24時間はズデナを飲むことはできません。例えば夜に服用し、翌日の朝に服用するなどということはできなくなります。

効果が切れたからといって、追加で服用することもできないことになります。ズデナには血管拡張作用がる為。24時間を待たずにに連続で服用してしまうと、心臓への負担が大きくなってしまう恐れがあります。

また、主成分のウデナフィルの半減期(服用したお薬の成分の血中濃度が半減する時間)も、12時間とかなり長めです。

服用から12時間経過して効果が感じられなくなっても、体の中にはまだ成分が半分も残っている状態なので、全て排出されるまで最低でも24時間は必用ということですね。

併用禁忌薬と飲まないようにする

ズデナを服用する際に、病院に通っている人や、現在服用しているお薬がある方は、「併用禁忌約」に注意しなければなりません。

「併用禁忌薬」とは、一緒に服用してはいけないと定められたお薬です。ズデナの併用禁忌薬は、硝酸剤・一酸化窒素供与剤を含むお薬です。

主に虚血性疾患という、動脈硬化などにより血管が詰まり心筋に血液が届かなくなってしまう病気の治療に使われるお薬です。

どちらもズデナの主成分であるウデナフィルと同じ、血管を拡張させる働きがある為、一緒に服用することは危険とされています。

また、現在薬を服用していなくても、過去に心臓にかかわる病気を患ったことのある方は、服用しても問題ないか必ず専門医に相談し、服用しましょう。

硝酸剤

硝酸薬とは、服用することで体内に一酸化窒素を作り出すことができる薬です。一酸化窒素には、血管を広げる作用がある為、心臓を取り巻く「冠動脈」という動脈を拡張し、血流を良くすることで心臓にかかる負担を軽減する作用があります。

また、硝酸剤にも様々な種類があります。代表的なものとしては、狭心症の治療や発作時のお薬などに使われるニトログリセリンや硝酸イソソルビド、ニトロダームTTS、バソレーターテープ、ミリステープです。

硝酸剤は、飲むタイプだけでなく、シールのように肌に張り付けて、皮膚から吸収していくタイプや、肌に塗る軟膏タイプ、注射などがあります。

いずれもズデナの主成分であるウデナフィルと同じ血管拡張作用がありますので、もし、硝酸剤を一緒に服用したら、血圧が大きく低下してしまい、低体温など人体に大きな危険が及ぶ恐れがあります。

多くのED治療薬は服用しても身体に影響を及ぼすことはありませんが、まれに取り上げられる死亡事故などで、不安になる方も多いでしょう。こうした死亡事故は、どうして起こってしまうのか。

それは、こうした硝酸薬などの併用禁忌薬を守らずに服用してしまったことが原因にあげられるものがあります。

アミオダロン

アミオダロンは、不整脈の治療に使われるお薬です。不整脈の治療薬といっても、アミオドロンは使用者が特定されているお薬です。アミオドロンは通常の不整脈のお薬が効かない方や、死亡する恐れがあるほど重篤な状態にある方、緊急を要する方のみに使用が許可されているお薬です。

その為、アミオドロンは、服用する際も、血中濃度や服用量などを測定しながら、かなり慎重に行われます。それだけ人体に及ぼす影響が強く、生命を左右することもあるお薬なので、ED治療薬と一緒に服用することはもちろんできません。

また、アミオドロンは、ズデナと同じ抑制効果がある為、併用することで血圧低下の危険性が高まります。

ED治療薬において、ごくまれに死亡事故などがあげられている為、不安に感じてしまい本当に悩んでいるのに、服用をためらう方がいるようです。

ニュースなどでは大々的にED治療薬によるものとらえられるような表記をしてしまうことが多いので、「ED治療薬は危険なもの!」というマイナスのイメージがついてしまいます。

しかし、硝酸剤と同じく、ED治療薬服用による死亡事故などは、ED治療薬そのものが原因というわけではなく、ズデナなどのED治療薬と併用禁忌薬を一緒に服用することが原因といえます。