ズデナは第4世代のED治療薬・ザイデナのジェネリックで、程よい硬さと持続時間があり、食事の影響が少ないという特徴があります。

ズデナは新たなED治療薬

スデナは「サイデナ」のジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、通常のお薬と有効成分も効果も同じで、新薬の特許期限が切れた後に販売されるお薬のことを言います。

通常お薬が開発されると、安全性を確かめる為の研究や実験が何度も重ねられ、世に出るまでには、10年以上かかるといわれています。

しかし、ジェネリック医薬品は、発売されていた新薬(先発薬)のおかげで、あまり時間もお金もをかけずに開発が可能な為、通常よりも安くで購入できるというわけです。

そして「サイデナ」のジェネリックの医薬品として発売されたのが「ズデナ」というお薬です。

元々サイデナ自体、韓国の会社が開発したお薬で、アジア人向けに作られているので、日本人の体質にとても合っていて、高い効果が得られやすいといわれています。

また、サイデナと同じウデナフィルという有効成分が含まれていて、勃起促進、早漏改善、持続力の向上など、様々なED治療を目的とした効果があります。

飲み方としては、行為の1時間前に服用しておくことです。早い人では服用から30分ほどで効果が発揮されますが、前もって1時間前に服用しておくことをお勧めします。

ズデナは持続力も高く、11~13時間と長時間に渡ります。他のED治療薬の中でも、即効性と持続性を兼ね備えた期待度の高いお薬といえます。

ズデナを通販で購入する

ズデナの先発薬ザイデナ

ズデナの先発薬であるサイデナは、韓国の大手製薬メーカー「東亞製薬」という会社から、2005年に発売された、比較的新しいお薬です。

発売されてからなんとたった2年で国内で2位のシェア率となった、とても人気のED治療薬です。現在は30カ国以上で発売されて、主にアジア圏で高い人気を誇っています。

なぜ、アジア圏で人気なのか?それは、バイアグラやカマグラなど、よく耳にするED治療薬は、体格の大きな欧米人向けに作られていることが多く、効きすぎてしまったり、副作用が強く出てしまうことがあります。

しかしザイデナは韓国人と同じ小柄なアジア人向けに開発されたお薬なので、副作用が少なく、私たち日本人の体形と体質にとても合っているのが特徴です。

また、服用から30~60分ほどでは効果を発揮し、さらに持続力も20時間ほどということもあり、バイアグラを超える持続力と即効性が期待できます。

また、通常バイアグラのようなED治療薬は、空腹状態でないと効果が出にくいことがありますが、そもそも主成分がバイアグラとは違う成分で、食事の影響を受けにくい成分が使われている為、食事などの時間を気にすることなくいつでも服用できる便利なお薬と言えるでしょう。

第4世代ED治療薬

3大ED治療薬といわれているのはバイアグラ、レビトラ、シアリスで、これらは世界各国で高い人気を維持し続けています。

しかし最近、その3大ED治療薬に並ぶどころか、超える効果と人気を誇る「第4のED治療薬」と呼ばれるものが出てきています。

それが「ステンドラ」です。なぜそう呼ばれているのか。それは、バイアグラと同じくらい(または超えるほど)の勃起の硬さと、

シアリスのような長い持続時間と、レビトラのような即効性を兼ね備えているからです。

そして「ズデナ」も、同じように、最長13時間という持続力と、30~1時間では効果が出るという即効性、そして勃起時の硬度など、ステンドラと並び高い効果が得られることが、同じように「第4世代」のED治療薬と呼ばれる理由となっています。

主成分ウデナフィル

同じED治療薬でも、スデナはバイアグラなどの従来のお薬とは違う主成分でできています。

それが、「ウデナフィル」という成分で、私たちの隣国の韓国で開発されました。バイアグラの主成分である「シルデナフィル」という成分は、食事の影響を受けやすい為、空腹時に服用しなければならなかったのですが、ウデナフィルは食事の影響を受けにくく、いざという時にいつでも服用でき、また即効性もあります。

また、従来のED治療薬と同じ作用機序を持っていて、服用し性的興奮を覚えることで、血管を拡張し血液循環を良くし、勃起を促す効果があります。

さらにウデナフィルは現在、前立腺肥大症という病気の治療薬として研究が進められているとの事です。

ズデナの製造メーカー

先発薬である「サイデナ」が、韓国の東亞製薬で開発された後に、ジェネリック医薬品として、インドの「サンライズレメディース社」が製造したのが「スデナ」です。

サンライズレメディース社は、インドのグジャラート州、アフマダーバード(Ahmadabad)を本拠地とし、数多くのED治療を目的としたお薬を販売している、ED治療薬専門の有名な製薬会社です。

ズデナ以外にも、エクストラ・スーパータダライズやジェビトラなど、有名なED治療薬の製造と販売をおこなっています。

ED治療薬専門といっても、鎮痛薬や睡眠薬など多岐にわたる様々なお薬も取り扱っており、幅広い目的で利用することができます。

また、ジェネリック医薬品を積極的に取り扱っていて、お薬を安くで購入することもできます。

サンライズレメディーズ

サンライズレメディーズ社は1995年に設立された会社で、10数年の間に瞬く間に急成長を遂げた製薬会社です。

ジェネリック医薬品やマラリアや皮膚病の先発薬を自社ブランドとして開発・製造を行っています。

特にED治療を目的としたお薬を取り扱っていますが、WHOの製造品質管理基準し従ってお薬の開発を進めている為、安全性が高く、安心して利用でき、さらに高い効果を得ることができる、安心・安全・効果を兼ね備えたお薬を販売しています。

また、ジェネリック医薬品に力を入れて、開発を進めていることから、価格も安く提供されています。

これらのことで、サンライズレメディーズは、インド国内外問わず、世界中から高い信頼性と指示を受けています。

世界中で使われているインドジェネリック

ジェネリック医薬品の多くはインドで開発・製造されています。古くから「アーユルヴェーダ」などの健康療法があるインドは、医薬品の開発も進んでいます。

発展途上国にあるインドは、高価な薬を購入できない患者が多くいます。そんな中でもしも薬が同じ成分、効果で安くで購入できるとしたら、より多くの患者を救うことができます。

それをかなえてくれるのはジェネリック医薬品と呼ばれるもので、インドの製薬会社の多くはこのジェネリック医薬品の開発と製造に力を入れています。今では世界中にジェネリック医薬品を数多く送り出し、

その実績と信頼により、「ジェネリック大国」「途上国の薬局」と呼ばれるほどになっています。ジェネリック医薬品とは、先発薬である新薬が開発されてから、特許期限が過ぎた後に同じ効能・成分で作られる後発薬です。

先に開発された新薬のおかげで、短い期間と安い費用で開発と製造がおこなわれる為、より安く患者に提供することができます。日本でも多くのインド製のジェネリック医薬品がクリニックで取り扱われていて、患者への使用が勧められ、費用を安く抑え、多くの患者を救う役割を担っています。

しかし他国に比べて日本ではジェネリック医薬品に対しての抵抗があるようで、普及率は低いものとなっているのが現状です。

ズデナは病院で処方してもらえる?

ズデナは、主成分であるウデナフィルが日本国内で認可されていない為、国内のクリニックなどで処方してもらうことはできません。

ズデナを購入する方法としては、直接海外に行って購入するか、通販で購入する方法の2つがあります。

まず自身で直接海外に行き、現地で購入する方法ですが、これはあまりお勧めはできません。なぜなら、交通費が大きな負担になりますし、現地の言葉の壁もあります。

さらに、現地でお薬を買う、ということは、個人輸入ということになりますので、税関や税金など、様々な手続きがあり、それも自分で行わなければなりません。

それよりも、通販で購入する方法がおすすめです。通販といっても、楽天やアマゾンなどといった通販サイトで購入することはできません。

「海外医薬品個人輸入サイト」という、海外の医薬品を購入する際のお手伝いをしてくれる専用サイトにて、個人輸入する形となります。

個人輸入サイトを利用すれば、国内にいながら海外のお薬を手に入れることができます。さらに、税関などの難しい手続きも、すべて業者が行ってくれるて、言葉の心配などもない為、ほしい商品を伝えて支払いをするだけで、ズデナを手に入れることができます。